オナ禁の効果は様々なものがありますが、一言でいうとモテるための多くの効果が期待できるという事が出来ます。たとえば男性ホルモンの働きが鈍くなりますのでダイエット効果がありますし、顔つきが変わるといったレビューもあります。これはホルモンバランスの影響によるものと考えられます。

又、オナニーをしている時間をその他の事に使うことができるという点もあります。毎日数十分を他の事に使えるというのは非常に大きなメリットと言えますので時間の有効活用をしてい人はオナ禁は最適の手段と言えるでしょう。又、肌荒れやニキビ改善に効果があるという意見も見られます。

男性ホルモンが増加すると皮脂の分泌量が増えてこれが肌荒れやニキビを引き起こすことがあります。男性ホルモンは適度に分泌されている分には男性の健康を維持するうえで非常に有効ですが、多すぎると皮脂が増えて脂漏性皮膚炎や毛穴の汚れ、ニキビなど肌トラブルになることがありますし、実際にオナ禁をしたら肌がきれいになったという男性は多くいます。

又、やる気アップに効果があるため受験期などにはオナ禁を勧めている受験生も多くいます。睡眠の質が上がったという声も寄せられているため、睡眠の質を上げたい人の多くがこの方法を試しています。筋トレ効果を上げたいという人の中にもオナ禁に励んでいる人がいますので、一定の効果が期待できると考えられます。これらの効果が欲しい人は試してみると良いでしょう。

オナ禁のメリット

オナ禁には色んなメリットがあり、我慢する事で集中力がUPしたり精液の質が向上します。オナニーの過度なやりすぎは寝不足や眼精疲労、そして心労の原因となります。ただし一方でオナ禁の方にもデメリットがあり、専門家はたとえ禁止期間を設けてメリットを得るにしても、最大3日程度にすべきだと警鐘を鳴らしており、要注意です。

禁止期間が長くなり過ぎると男性ホルモンの低下が起きます。まだ若いのにオナ禁のせいで勃起力が大きく低下したり、精液の量が著しく減ってしまったり、そもそもEDに陥る等、実は過度なやりすぎには恐いリスクが潜んでいます。加えて前立腺がんのリスクがオナ禁によって上がるデメリットもあり、むしろ専門家は口を揃えてオナニー自体に害はなく、完全に禁じる方が危険だと言います。

オナ禁のサイクルとリセットについて

皆さんはオナ禁をしたことがありますか?オナ禁をすると、オナニーに費やす時間が短縮できたり、やる気や集中力がアップしたり、また、栄養素である亜鉛の流出を防ぐなどの効果があると言われています。しかし、ネット上ではたくさんの情報が溢れています。果たしてどのようなやり方がよいのでしょうか。そして、どのようなルールで行うべきなのでしょうか。

まず、オナ禁のサイクルは7日サイクルが良いとされています。理由としては、あまりにも射精をしないと前立腺がんのリスクが高まること、また、オナニーを我慢しすぎるとストレスが溜まってしまう可能性があることが挙げられます。そのため、無理なく、そして健康にも良い7日サイクルが良いのです。

また、どのようになってしまった場合リセットになるのかについてですが、基本的には性欲が煽られたらリセットとなります。そのため射精せずともリセットになる場合もあるのです。

オナ禁とテストステロン

男性の体を維持するのに重要なテストステロンをご存じでしょうか。このテストステロンは、「オナ禁」いわゆるオナニーを禁止することで大切な男性ホルモン「テストステロン」をコントロールすることができるのです。健康な男性なら2.3日に1回位のペースでオナニーをしている方が多いでしょう。しかし、このペースは男性の健康維持に、問題をきたす回数でもあるのです。オナニーをすることで精液や精子は体外に排出され、良性の男性ホルモンが失われてしまいます。逆に、私達の容姿に悪影響をもたらす別名「不細工ホルモン」とも呼ばれる「ジビドロテストステロン」が体内に増加します。オナニーを7日我慢するオナ禁で、良性の男性ホルモン「テストステロン」を増やすことが可能です。