ポリメトキシフラボノイドは柑橘類の果物の皮に多く含まれている成分です。そんなポリメトキシフラボノイドには動脈硬化防止や脂質代謝改善、血管機能調節作用などの体に嬉しい様々な効果があります。これらの効果は気になる肥満やメタボ予防に役立ち、生活習慣病を予防してくれるとして今大きな注目を集めている成分です。
そんなポリメトキシフラボノイドの効果の中でも特に注目して欲しいのが血管機能調節作用です。ポリメトキシフラボノイドには体のNO(一酸化窒素)の産生を増幅させる作用があります。このNO(一酸化窒素)には血管の筋肉を緩ませて血管の壁を広げることができるんです。なので、ポリメトキシフラボノイドを摂取することで体の血管機能調節作用を高め、高血圧や動脈硬化予防などの気になる生活習慣病を予防することができます。
そして、この血管機能調節作用によって期待できるもう1つの効果がED改善です。NO(一酸化窒素)の血管を調節する作用はPDE5を阻害してペニスを増大させる際に必須の要素です。しかし、このNO(一酸化窒素)の生成は歳を重ねるごとに減少してしまうことが分かっており、これがEDになってしまう一因となっています。なので、このポリメトキシフラボノイドによってNO(一酸化窒素)の生成を助けることで、ED改善を改善することが期待できます。また、ペニスの増大を助ける働きもあるので、中折れ防止効果があるのも魅力的です。

そもそもポリメトキシフラボノイドとは

ポリメトキシフラボノイドとはあまり聞きなれない名称ですが、柑橘類の果皮に多く含まれているポリフェノールの一種であり、クラチャイダムが配合されている精力剤などによく含まれている成分でもあります。その効能としては、血管機能調節作用による血圧上昇抑制効果や、細胞傷害活性増強作用による発がんおよびがん細胞抑制効果などが期待でき、血管や免疫系統にも働きかけるので、精力増強の味方にもなってくれる可能性があります。そんなポリメトキシフラボノイドは、柑橘系フルーツなどに含まれているといった身近な存在でもあり、それゆえに安全性も高くてこれといった副作用なども現在のところ報告されていないため、安心して利用できる成分でもあります。

ポリメトキシフラボノイドはどんな食べ物に含まれているのか

健康機能の増進や新陳代謝の向上やメタボリック・シンドロームの改善に効果的とされ、近年高い注目を集めている成分がポリメトキシフラボノイドという成分です。健康を保つためにはポリメトキシフラボノイドを効果的に摂取することが大切と考えられるわけですが、具体的にはどのような食べ物に多く含まれているのでしょうか。

ポリメトキシフラボノイドは柑橘類に多く含まれていることが判明しており、特に柑橘類の中でもポンカンやシークヮーサーなどに特に多く含まれています。同じ柑橘類であってもライムやレモンやスダチなどにはほとんど含まれていないため、積極的に摂取したい場合にはポンカンやシークヮーサーを食べるようにすると良いでしょう。

ポリメトキシフラボノイドの効率がよい摂取方法

ポリメトキシフラボノイドは血流改善効果が期待できる成分で、優れた抗酸化作用を持ちます。動脈硬化などに効果が期待できるので、生活習慣病が耐えない現代では非常に注目をされているのです。しかしポリメトキシフラボノイドは柑橘類の皮に多く含まれている成分で果実にほぼ含まれないというのが特徴です。柑橘類の皮を食べる機会がないという方が大多数なので、ポリメトキシフラボノイドは食品からの摂取が難しいといえるのです。そのため、もし摂取をしたいと考えるのならばサプリメントを活用することがおすすめです。
サプリメントでも特におすすめなのがクラチャイダムサプリです。柑橘類の皮を摂取するよりも効率的にポリメトキシフラボノイドを体内に取り込むことができます。