BCAAって知ってますか?

聞き慣れない方もいるかと思いますが、このBCAAは、スポーツ選手などトレーニングを行っている人なら良く耳にする言葉なのです。

「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」からなる総称で、サプリメントなどで目にしたことのある人もいるでしょう。筋肉エネルギー代謝に深く関係し、筋肉疲労の回復を補助する働きがあります。

筋肉は、その性質上、激しい運動をすることで筋繊維が壊れます。その結果、身体の中では大量のアミノ酸が消費されるのです。この壊れてしまった筋繊維をできるだけ早く修復させるには、消費されてしまった分のアミノ酸を補うことが重要になってきます。

出来るだけ早く筋繊維を修復できれば、その分筋肉疲労を最小限に抑えることに繋がるため、筋肉が疲労している期間が短くなります。この点から、BCAAには、筋肉疲労の回復を補助する働きがあると言われているのです。

そして、もう一つBCAAには、筋力強化の効果も期待できるのです。

筋肉疲労の回復を補助するため、より効率的なトレーニングが可能になります。効率的にトレーニングを行い、筋肉を鍛えることで筋肉強化が図れ、筋肉量のアップに繋がります。

更に筋肉量がアップすれば、消費エネルギー量が増えるので、脂肪を燃焼させやすく、太りにくい身体作りが可能となります。

BCAAは、「筋力トレーニング時に使用するとメリットがある成分」という認識が多いようですが、実は、「筋肉疲労の回復を補助」「筋力教化」「太りにくい身体作りができる」といった効果が期待できますから、男性は摂取したほうがよいでしょう。

BCAAをたくさん含んでいる食品とは

「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の三つをまとめた総称であるBCAA。これは、身体に必要なアミノ酸の一種で体内で生成することができません。そのため、食物を摂取する必要があります。

それぞれ多く含まれている食品は異なり、バリンであれば、本マグロの赤身と豆腐に多く含まれ、イソロイシンであれば、牛乳や鮭などに多く含まれます。この二つは、筋肉を作るのに必要なタンパク質を生成していきます。また、イソロイシンは筋肉の維持管理も担ってくれています。

そして、ロイシンは、鮭や牛肉、大豆に多く含まれているのです。

BCAAが含まれている食品は様々ですが、中でも、バリン・ロイシン・イソロイシンの三つが丁度良い具合に含まれているものがあります。それは、「ユーグレナ」です。

BCAAはアミノ酸の一種であり、その用途を考えると、運動を行う前に摂取するのが良いと思われます。摂取時間を考えれば更に効果が上がることでしょう。

BCAAを効率的に摂取するための方法とは

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)を効果的に身体の中へ取り入れるには、ただ飲むだけではダメです。BCAAには、効果的な摂取のタイミングがあり、それを知り、実行することで、最大限の効果が発揮されます。ですので、ここではBCAAを効果的に摂取するタイミングをお教えします。

しっかりとした効果を得るためには、トレーニングを開始する30分前に摂取する必要があります。開始直前ではなく、30分前に摂取することが大切です。また、トレーニング終了後も必ず摂取するように心がけましょう。

トレーニング開始30分前にBCAAを摂取することで、トレーニング中に筋タンパク質が分解されるのを防ぐ効果があります。また、トレーニング後に摂取することで、筋肉量の増加が促進され筋力アップが期待でき、筋タンパク質の剛性率も高めることができるのです。

トレーニングをより良いものとするためにBCAAを効果的に摂取してみてはいかがでしょうか。

BCAAの副作用について知りたい

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)は、必須アミノ酸と呼ばれ、私たち人間の身体では生成することができない物質になります。そのため、BCAAは食べ物などから摂取しなければなりません。

BCAAを多く含む食べ物はいくつかあり、その代表的なものが、牛乳・大豆製品・本マグロの赤身・牛肉といったものです。また、現在ではBCAAを含むサプリメントがあるため、簡単に摂取できるようになってきました。

しかし、サプリメントなどで簡単に摂取できるようになった一方、過剰に摂取してしまうと問題が起きてきます。

過剰摂取した場合、代謝できなかったものは肝臓に送られ、そこで代謝されます。このため肝臓に余計な負担が掛かり、肝機能が低下してしまう恐れが出てくるのです。

また、代謝できなかったものは尿として排出されますが、ここでも腎臓などの機能低下を引き起こす可能性が出てくるのです。これにより、血液中のアンモニア濃度が上昇し様々な問題が出てくるのです。

BCAAは、正しい量を摂取しなければこういった問題を引き起こす場合がありますので、一日に決められた摂取上限量を必ず守るようにしてください。